年金の受給額

年金の受給額

日本の年金の制度というものは非常に複雑です。そのために、自分が将来もらえる年金の受給額がはっきりと分からないという人が多いようです。



サイトトップ > 年金の種類

スポンサードリンク

年金の受給額

年金の種類


日本の公的年金には3種類のものがあります。原則として日本に在住する20歳以上の人は国民年金に加入しなければなりません。そして、民間企業の会社員は厚生年金に加入することになり、公務員や学校の先生は共済年金に加入することになります。


つまり、その人の職業によって加入する年金の種類が決まっており、自分が好きなものを選択して加入することは、原則としてできません。国民全員が加入する国民年金は、その人の職業によって第1号被保険者、第2号被保険者、第3号被保険者に区分されます。この区分のことは「被保険者の種別」と呼ばれています。


第1号被保険者とは、自営業者や自由業者、学生やフリーターなどであり、第2号や第3号被保険者に該当しない20歳以上60歳未満の人のことです。第1号被保険者は、日本国内に在住していることが必要ですが、必ずしも日本国籍は必要ではありません。したがって、日本に在住している外国人なども第1号被保険者として国民年金に加入しなければならない場合があります。


第2号被保険者は、厚生年金に加入している民間企業の会社員や共済年金に加入する公務員や学校の先生などです。第2号被保険者には年齢要件や日本国内に住んでいる必要がありません。また、第2号被保険者は、国民年金と厚生年金の両方の制度に加入していることになります。


第3号被保険者とは、第2号被保険者に扶養されている20歳以上60歳未満の配偶者のことです。その人の年収が130万円未満であれば扶養の範囲に入ります。

年金の受給額

MENU



スポンサードリンク